Top >  漢方治療 >  漢方の長所と短所

スポンサードリンク

漢方の長所と短所

心を含めた人間(病人)全体を診る、これが漢方です。また患者一人ひとりにオーダーメイドの処方ができること、これが漢方の長所なのです。
現代医学は病気を見て人を診ない、という傾向も指摘されているぐらいです。
しかし長所が、そのまま反対に短所となることもあります。
病気の原因を攻撃するのが現代医学、人間そのものを元気付けることで治していくのが漢方と、ちょうど逆の関係ですが、これは補い合える関係でもあります。
現代医学で治しやすいものは現代医学を、心と体の問題が複雑に絡み合っている症状や、現代医学が不得意な疾患などには漢方を、というふうに使い分けるのです。
また漢方は、副作用が少ないという利点もあります。
ただまれに、ある成分に過敏に反応をする人がいたり、現代薬との併用を避けたほうが良いという組み合わせもあるようです。
処方を間違えないことが大切ですね。
漢方の服用は、食前が吸収がよいといわれています。しかし飲み忘れてしまったら、食事中でも構わないので飲んでください。
もし独特の香りや味が苦手な方は、オブラートに包んだり、錠剤やカプセルを選択するのもよいかもしれませんね。

 <  前の記事 現代医学と漢方治療  |  トップページ

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。