Top >  漢方治療 >  現代医学と漢方治療

スポンサードリンク

現代医学と漢方治療

現代医学とは、それぞれの病気ごとに治療し薬を処方しますが、漢方には科の概念がなく、人間丸ごとを診ていきます。
現代医学では病名があり、各科に分かれますが、漢方に診断では「証」というものが中心になります。
証とは、独自の診断により病人の様々な症状を総合観察したものです。
現代医学は、専門分野にあまりにも細分化されています。最近では、総合医の必要が叫ばれ始めていますが、そういう意味で漢方は時代にもあっているようです。
また一つの薬で多くの症状を治すことができるため、薬の量も減り、医療経済学的にも優れています。
日本に漢方が入ってきたのは、漢の時代(6世紀)。
しかし、その後国内で独自に改良されてきたため、日本の伝統医学と中国医学とは異なっていました。
また、明治時代に西洋医学が入ってきたことにより廃れていきました。
漢方が復興したのは昭和初期。
長年のブランクがあったため未熟な医者も多く、数々の誤解を受けることもあったようです。
現在では、ほとんどの大学医学部で講義や臨床実習を行っています。
また、学会でもガイドラインを出すようになり、正当な医学としての評価が高まってきています。
以前は、EBM(科学的根拠)がないという批判もありましたが、最近は研究も進み、基礎データも出てきています。

 <  前の記事 金属アレルギーの診断  |  トップページ  |  次の記事 漢方の長所と短所  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。