Top >  過換気症候群 >  過換気症候群が起こる原因

スポンサードリンク

過換気症候群が起こる原因

過換気症候群は、体質や性格にも深く関係しているようです。
普段から心身の緊張度が高い人、完ぺき主義や無理を重ねて頑張りすぎる人などによくみられる症状です。
また持続的な不安や不満があるとき、緊張感や怒りで興奮が続くときなど、過剰なストレスを常に抱えているような状況で何らかのきっかけにより発作が起こる場合もあると考えられています。
では発作がおきた時、どのように対処すればよいのでしょうか? 
その代表的かつ簡単なものは、「ペーパーバッグ法」です。
紙袋を口にあて、吐いた空気を再び吸い込むことで、血中の二酸化炭素の濃度を上げるというものです。
精神安定剤を用い、不安や発作から逃れる方法もありますが、薬に頼らず自分の力で発作を抑えるコツをつかむことも大切です。
精神安定剤を携帯するだけでも安心できますが、死なない、必ず治まるという気持ちを常に持ち、発作が起きそうになったら落ち着いて、早めにペーパーバッグ法を腹式呼吸でゆっくり行いましょう。

 <  前の記事 「過換気症候群」  |  トップページ  |  次の記事 過換気症候群の治療法  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。