Top >  過換気症候群 >  「過換気症候群」

スポンサードリンク

「過換気症候群」

「過換気症候群」とは、心理的な原因によって突然または徐々に呼吸が苦しくなる症状のことをいいます。
その症状としては、両手の指先、唇などがしびれ、指のけいれんが起こり、意識がもうろうとしてきます。
発作は30分以内にはおさまりますが、そのピークは10〜20分ほど。
ただ、どれだけ強い発作でも必ずおさまります。
一度この症状が起こった患者は、窒息するような苦しさを感じているので、治ってもまた次の発作に対する恐怖で不安になります。
比率で言うと、男性1に対して女性は2になります。
またいちばん多いのは20代の女性で、夜中に救急車で運ばれる人の約30%がこの発作によるといわれています。では「過換気症候群」は、どのような時に起こるのでしょうか? 
激しい胸式呼吸をすることで、血液中の二酸化炭素の濃度が非常に低くなり、酸素濃度が異常に高くなるために起こります。
診断法としては、動脈血を取り濃度を調べます。

 <  前の記事 前立腺肥大症の治療法  |  トップページ  |  次の記事 過換気症候群が起こる原因  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。