Top >  前立腺肥大症 >  前立腺肥大症の治療法

スポンサードリンク

前立腺肥大症の治療法

前立腺肥大症の一般的な手術療法は、経尿道的前立腺切除術です。
また肥大の程度によっては、薬物療法と手術療法、レーザー治療、高温度治療などがあります。
最近では、手術療法自体が減り、新しい体に負担の少ない治療法(効果的な新薬の開発やレーザー治療など)が行われるケースが増えています。
特に、レーザー療法を行う医療機関が増えています。
その理由として、手術療法に比べ術中の出血も少なく、入院期間も1週間以内で済むため回復が早い。
また患者さんの負担も少ないという利点があるからです。治療法を確定するといっても、もちろん個人差があり、前立腺の肥大の程度にもより異なります。
原因ははっきりとわかっていませんが、加齢と性ホルモンが影響している関係から、年齢が高くなるにつれて、肥大のカーブが緩やかになっていくケースもあります。
いずれにしても自覚症状があるなら、一度専門医で受診することをおすすめします。

 <  前の記事 前立腺肥大症と診断法  |  トップページ  |  次の記事 「過換気症候群」  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。