Top >  前立腺肥大症 >  前立腺肥大症と診断法

スポンサードリンク

前立腺肥大症と診断法

前立腺肥大症は、そのまま放置していても生命に関わるような病ではありませんが、快適な日常生活を送るためには、早めに専門医の検査を受け、適切な治療を施すことが賢明です。
また、前立腺肥大症自体はそれほど神経質になるものではありませんが、残尿が多く発生しているような場合は、腎機能障害が起こる可能性もあります。
また前立腺ガンが合併している場合や糖尿病などのほかの病気が隠れていることもあります。
では前立腺肥大症の診断法とは、どのようなことをするのでしょうか? 
まずどのような状態であるかを確認し、触診や超音波検査で前立腺の大きさや残尿の程度を調べます。
このときにPSA(前立腺特異抗原)血液検査もしてもらうとよいでしょう。
血液検査は簡単で精度も高いので、高齢で何らかの排尿障害がある場合は、一度見てらうことにより安心できるのでおすすめします。

 <  前の記事 前立腺肥大症の症状と原因  |  トップページ  |  次の記事 前立腺肥大症の治療法  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。