Top >  男性更年期障害 >  男性更年期障害とその症状

スポンサードリンク

男性更年期障害とその症状

精神的なものとして、倦怠感、不眠、うつ、集中力や記憶力の減退、めまい、知覚異常、興奮状態、不安感など、男性更年期障害の症状はさまざまです。
身体的な症状としては、疲労感、身体のほてり、同期、頻脈(ひんみゃく)、性欲の減退、勃起力の低下、頭痛、耳鳴り、肩こり、腰痛、筋力低下などがあげられます。これらの症状は、精神的な要因となるストレスなどにより起こることもあるので、精神科などのような療法を受けている人も少なくないと思われます。
しかしこのような治療により、症状が改善しない場合もあります。
そんな時は、いちど泌尿器科などの外来で、ホルモン検査を受けることをおすすめします。
また簡単なチェックシートもあるので、利用してみるのもいいかもしれませんね。
答えに3つ以上の「はい」があれば、男性ホルモンの低下が疑われます。
一度検査を受けてみてください。

 <  前の記事 男性更年期障害  |  トップページ  |  次の記事 男性更年期障害チェックシート  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。