Top >  男性更年期障害 >  男性更年期障害

スポンサードリンク

男性更年期障害

更年期障害、というと中高年の女性の専売特許のように考えられていますよね。
しかし男性にも更年期障害はあるのです。
男性、女性にかかわらず、性ホルモンは加齢とともに低下します。
これにより起こる体内のホルモン環境の変化が、いろいろな症状を引き起こし、結果これが更年期障害につながるのです。
更年期障害の女性の症状は、閉経後に女性ホルモンが体内から消失するという劇的なホルモンの変化が生じます。これにより症状も強くなるため辛いものとなる方が多いのです。
一方男性は、55歳くらいから始まることが多く、ホルモン低下が女性に比べると緩やかため、症状も女性の場合ほど強くないのが特徴です。
ただこの年代の男性は、仕事や社会的立場に変化が起きる時期でもあるので、更年期と社会的ストレスが重なってしまうと、症状が進行してしまうケースが多いようです。

 <  前の記事 不眠症と睡眠薬  |  トップページ  |  次の記事 男性更年期障害とその症状  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。