Top >  不眠症 >  不眠症と睡眠薬

スポンサードリンク

不眠症と睡眠薬

睡眠薬は、医師の指示を超えて勝手に多く飲むことは効果的ではなく、睡眠薬は1日2錠まで、などと常用量が決められています。
現在の睡眠薬は安全といわれいます。100錠飲んでも命には別状はないといわれているほどです。
またよく議論の中で「睡眠薬は効かなくならないか」ともありますが、常用量で飲んでいる限りは大丈夫のようです。
ですので原則として、眠れるようになったら今まで飲んでいた薬を減らす、ということが大切です。
では、睡眠薬の変わりにお酒を飲んで寝ることはどうでしょうか? 
これは間違いなく、睡眠薬を飲んで寝たほうが良いようです。
寝酒代わりのアルコールは、常用すると慣れが生じてきます。
はじめは入眠効果があっても、だんだん眠りが浅くなり、過剰摂取につながるからです。
そうなると逆に、不眠症を悪化させることになります。さらに危険なのは、睡眠薬とアルコールを一緒に摂取することです。
記憶障害を引き起こすことにもなりかねません。
絶対に同時に摂取することだけは避けてください。

 <  前の記事 不眠症と加齢の関係  |  トップページ  |  次の記事 男性更年期障害  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。