Top >  不眠症 >  不眠症と加齢の関係

スポンサードリンク

不眠症と加齢の関係

近年、老人性の不眠症が増えています。
人間は年齢を重ねると生理的に睡眠が浅くなり、加齢とともにさまざまな病気を伴い、それにより不眠になるケースも多いのです。
ですので、その病気をなおすことにより、不眠症も改善されるのです。
ではどんな病気が最も多く不眠をもたらしているのでしょうか? 
それはうつ病による不眠症です。
うつ病の10人のうち9人が不眠症を併発しています。
うつ病とは、気分が落ち込むことから始まり、そのうち不眠症を併発します。
その後、食欲がなくなり、体調不良などの身体症状を訴えるようになり、少しずつやる気がなくなり、仕事にも行かなくなる、そんな人が多くみられる病気です。
また体調不良により、仮面うつ病といわれる患者も、不眠症を訴えるケースが多くあります。
こういった場合は、抗うつ薬と同時に睡眠薬も併用して改善していくのです。
不眠症になれば、専門の精神科医に相談し、睡眠障害の症状にあわせた処方を行ってもらってください。

 <  前の記事 睡眠時間と不眠症  |  トップページ  |  次の記事 不眠症と睡眠薬  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。