Top >  不眠症 >  睡眠時間と不眠症

スポンサードリンク

睡眠時間と不眠症

人はだいたい、8時間くらいの睡眠時間が必要といわれています。
しかしそれには個人差があり、6時間で満足する人もいれば、10時間眠らないとじゅうぶんだと感じない人もいます。
では睡眠が満足できない不眠症、とはいったいどのような症状をいうのでしょうか?
人によりさまざまですが、寝ても疲れが残ったり、夢をよく見るので寝た気がしないなど、時間よりも眠りの内容が問題となります。
またそれによって、社会的支障をきたしたり、自覚的に悩んでいる状態のことを不眠障害といいます。
睡眠障害には大きく分けて3つの症状があります。
「入眠障害」「熟眠障害」「中途覚醒」です。
「入眠障害」は、なかなか寝付けない症状をいい、「熟眠障害」は夢見が多く眠りが浅くて熟睡できない、「中途覚醒」は、夜中に何度も目が覚めてしまったり朝早く目覚める症状をいいます。
またその人の基礎疾患によって、いろいろな睡眠障害を引き起こすので、とても広い領域がかかわってくるのです。
最近、睡眠時無呼吸症候群ということばをよく耳にしますよね。
れも不眠症のひとつです。
不眠症の治療に入る前には、個人の基礎疾患を治してからのぞんでください。

 <  前の記事 頭痛とそれぞれの治療法  |  トップページ  |  次の記事 不眠症と加齢の関係  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。