Top >  頭痛 >  慢性頭痛と診断

スポンサードリンク

慢性頭痛と診断

頭痛になっている多くの人は、診断を受けずに市販の薬を服用したり、またはただ痛みが治まるのをじっと我慢しています。
「頭痛くらいで病院なんて・・・」という風潮はまだまだ根強く残っているようです。
慢性頭痛のほとんどは、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の3つに分類されます。
その症状の特徴として、生活に支障はきたさないものの、一定期間常に痛みを伴う「緊張型頭痛」。
月に数回または年に数回ズキズキした痛みが起こり、痛み出すと日常生活に支障をきたす場合も多い「片頭痛」。目の奥をえぐられるような痛みが長ければ3時間、1日に1〜数回、続いては治まり、またある時期に痛み出すという厄介な特徴をもっている「群発頭痛」。
慢性的な頭痛で苦しんでいる多くのひとでも、CTやMRIで脳に何の異常も見られない場合がほとんどのようですが、このような人こそ、正しい診断と適切な治療が必要となります。

 <  前の記事 頭痛と慢性頭痛  |  トップページ  |  次の記事 頭痛とそれぞれの治療法  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。