Top >  頭痛 >  頭痛と慢性頭痛

スポンサードリンク

頭痛と慢性頭痛

人生において、頭痛を一度も経験したことがない人は、ほとんどいないと思います。
あなたは、頭痛を経験したことがありますか? 
頭痛で病院に行ったことがありますか? 
頭痛で病院を訪れる人はそれほど多くなく、それは頭痛を病気だと認識している人がまだまだ少ないからです。そのため、慢性頭痛に苦しむ多くの人は、周囲から理解されていません。
時には怠け者と誤解までされて、辛い思いをしているのです。
頭痛は、直ちに治療を開始しなければ生命に関わる疾患の初期症状として現われることもあるくらい、重要な症状なのです。
その例が、クモ膜下出血や脳腫瘍などです。
頭痛が突然起こった場合、短期間で次第に痛みが強くなる場合などは、このような病気を疑う必要があります。これまでとは全く違う痛みが新たに起こった場合や、痛みの程度や頻度が大きく変化した時には、普段から頻繁に頭痛を自覚する人でも、クモ膜下出血や脳腫瘍などが関与しているかもしれない、ということを忘れないでください。

 <  前の記事 水虫の予防法  |  トップページ  |  次の記事 慢性頭痛と診断  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。