Top >  水虫 >  水虫と症状

スポンサードリンク

水虫と症状

水虫にはいろいろな症状があります。
たかが水虫、と何十年もそのままでいる人、ばい菌などの二次感染によって足が腫れて痛みだし、ようやく病院を受診して水虫とわかる患者もいるようです。
特に自覚症状のない場合は、皮がむける、指のあいだに亀裂が入る、角質が厚くなるなど、水虫に気付かない場合もあります。
最近では、爪水虫というものがあり、爪の下の角質が増え、爪自体が白くなり、くさび状に白く濁る、爪の表面が白くなる、などの症状が見られます。
この治療法としては、一般的に塗り薬が使われます。
また水虫には、クリーム剤や液剤など様々な種類の外用薬があります。
病院を受診せずに市販薬で済ませてしまう人が多く、薬に含まれる成分によっては、かぶれてしまい更に悪化してしまう場合もあります。
また症状は似ていても、実は別の病気だった、という場合もあります。
治ったと思ってもその後数ヶ月は塗り続けなければ、すぐに再発する恐れもあるのです。

 <  前の記事 水虫  |  トップページ  |  次の記事 水虫の予防法  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。