Top >  アレルギー >  アレルギー性鼻炎

スポンサードリンク

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、通年性と季節性にわけることができます。
通年性とは、家の中のホコリやダニ、カビ、ペットの毛などによる起こるものです。
また季節性とは、スギに代表される花粉症などがあります。
花粉症の三大症状といわれている、くしゃみ、鼻水、鼻づまり。
風邪などのウイルス感染の症状と似ていますが、花粉症は目・のど・皮膚のかゆみ、風邪薬を飲んでも咳が止まらない、さらに喘息症状を起こす方もいます。
最近では花粉症の低年齢化(小学生や幼稚園児で発症)の傾向も見られ、これまで大人の病気といわれていましたが、子供にも注意が必要とされます。
このほかにアレルギーには関係がない別の疾患もあり、症状は同様でも好酸球性鼻炎や中高年女性に多い血管運動性鼻炎など、アレルギー性鼻炎を含め鼻過敏症といわれています。
診断はほとんどの場合が視診、採血による抗体検査です。それにより、原因の特定と診断を行います。
現在は一般の医療機関ではあまり行われていませんが、皮内反応をみる抗原注射による検査もあります。

 <  前の記事 花粉症とアレルギーの薬  |  トップページ  |  次の記事 アレルギー性鼻炎の薬物治療  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。