Top >  アレルギー >  花粉症とアレルギーの薬

スポンサードリンク

花粉症とアレルギーの薬

花粉が原因でおこるアレルギーのことを花粉症といいますが、その症状はさまざまです。
目のかゆみ、涙が出る、目やになどの結膜炎症状、更には、くしゃみ、鼻汁、鼻づまりなどの鼻炎症状、頭重感、だるさなどの全身症状などがそれにあたります。
花粉症といえばみなさんもよくご存知のように、スギ花粉が有名ですが、その他にもポプラ・ハンノキ・ライラック・カモガヤ・ブタクサ・タンポポ、シラカバなども花粉症の原因となる植物だということはあまり知られていません。
これらの花粉が桜の開花の時期に合わせて飛散し始めるということが、ある植物の観察実験によってわかってきました。
アレルギーの薬には大きく分けて2種類あり、症状を抑えるものと症状を出難くするものとがあります。
比較的早く効くのは、症状を抑える薬ですが、その効果は長続きしません。
また症状を出にくくする薬は、効果は持続しますが、その効果を実感できるまでには、薬を使い始めてから2週間くらいかかってしまいます。
上手に花粉症の時期を乗り越えるためにも、桜の開花予想日を調べて、あらかじめ薬を使っておく必要もあるかもしれませんね。

 <  前の記事 急性緑内障と慢性緑内障  |  トップページ  |  次の記事 アレルギー性鼻炎  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。