Top >  アレルギー >  金属アレルギーの診断

スポンサードリンク

金属アレルギーの診断

金属アレルギーの診断では「バッチテスト」が用いられます。
バッチテストとは、金属検査薬(金や銀、亜鉛、マンガン、コバルト、ニッケル、クロムなど)をつけたシールを背中や腕に張り、アレルギー反応を調べる検査です。特定の金属に反応し陽性反応を示すと、シールの色が変わり、今後その金属を使わないようにするのです。
最近では、歯科や口腔外科などでもパッチテストをよく用いられるようになりました。
歯科治療では、歯の詰め物やかぶせ物が、金属アレルギーの原因にもなっていることがよくあり、また手のひらや足の裏に繰り返し水疱状の湿疹ができる事例も、歯科治療においての口の中の金属が原因(金属アレルギー)により起こったと考えられています。
この場合は、口腔内の金属を取り除くことで、症状は改善されます。

 <  前の記事 金属アレルギーとアクセサリー  |  トップページ  |  次の記事 現代医学と漢方治療  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。