Top >  アレルギー >  金属アレルギーとアクセサリー

スポンサードリンク

金属アレルギーとアクセサリー

ネックレスや指輪などは表皮の皮の上に装着するので、よほど皮膚の弱い方でない限り、金属アレルギーが発症することは起きにくいといわれます。
しかしアクセサリーの中でも、ピアスは注意が必要です。皮膚表面上ではなく穴を開けて装着するピアスは、皮膚の中に金属が貫通しており、それが溶け出して金属アレルギーとなることがあります。
ピアスは、肉芽腫様の皮膚炎の報告が多くあります。
またニッケルは、アレルギーをお越しやすい金属といわれています。
汗の中の塩素イオンがニッケルに溶けやすく、それが体内に入ることで湿疹などを起こします。
また金は溶けにくい金属です。
しかし金メッキ仕上げのアクセサリーでも、その下地にはニッケルが使われていることが多いので、注意が必要です。
それとは反対に、最も金属アレルギーを起こしにくいといわれているのがチタンです。
安全な金属といわれているチタンは、本来不溶性で、皮膚炎を起こすことがないといわれているのです。
また意外と知られていないのがクロムです。
クロムは、革製品をなめす過程で使用されています。
クロムは時計の革バンドや革手袋に含まれていて、ニッケルと同じように、汗が多く出る部分に溶けやすい性質があり、湿疹を起こすことがあります。

 <  前の記事 金属アレルギーとその原因  |  トップページ  |  次の記事 金属アレルギーの診断  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。