Top >  アレルギー >  金属アレルギーとその原因

スポンサードリンク

金属アレルギーとその原因

金属アレルギーとは、金属によって皮膚がかぶれたり、かゆみを伴ったり、痛みを感じたりする場合のことをいいます。
その原因は、貴金属(身につけているアクセサリーやジュエリーなど)、日常品に含まれている金属成分などによって引き起こされるアレルギー反応からなります。
突然抗体ができることにより、金属アレルギーは発症することが多く、一度抗体ができてしまうと体は絶対に「慣れない」といわれ、その金属に対する「耐性」が作られないために、アレルゲンとなる金属と接触するたびに炎症を起こしてしまうのです。
金属アレルギーは、金属そのものが抗原となるのではありません。
汗や体液でわずかに金属イオンが溶け出し、それがイオン化して体内に入り込みます。
その入り込んだイオンが体内のタンパク質と結合して抗体となり、次に同じ金属に接触したときに拒絶反応を起こし、様々な炎症を引き起こしてしまうのです。

 <  前の記事 過換気症候群の治療法  |  トップページ  |  次の記事 金属アレルギーとアクセサリー  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。