Top >  目の症状 >  急性緑内障と慢性緑内障

スポンサードリンク

急性緑内障と慢性緑内障

緑内障にはいろいろな種類がありますが、大きく2つに分けることができます。
目の痛みや吐き気などの強い症状が現れる「急性緑内障」、徐々に進行する「慢性緑内障」です。
緑内障には、先天的な異常により起こるものや、老化に伴い起こるもの、ほかの病気が原因で起こるものなど、いろいろな種類があります。
急性緑内障とは、房水の出口がふさがれ、眼球の中に房水がたまり、眼球の内部の圧力が急速にあがるという症状をいいます。
急に目が痛み、激しい頭痛、吐き気や嘔吐がおこります。こういった症状なので、脳やお腹の病気と間違え手当てが遅れてしまい、失明する場合もあるのです。
特に女性に多く、男性の3倍もみられます。
これは、房水の出口にあるスポンジのような組織が、目詰まりすることにより起こります。
発病は遺伝的に目詰まりしやすい体質の人に多く、10年、20年と長い時間をかけて徐々に進行していくのです。
ゆっくりと進行することにより、初期には自覚症状もありません。
視神経の障害が次第に進むにつれ、視野が狭くなり、視力が落ちたりしていきます。
緑内障は、急性緑内障よりも、本人の気付かないうちに視野が狭くなっていくという慢性緑内障のほうが、多くみられます。

 <  前の記事 緑内障  |  トップページ  |  次の記事 花粉症とアレルギーの薬  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。