Top >  目の症状 >  緑内障

スポンサードリンク

緑内障

目の成人病といわれている緑内障。
この緑内障は、白内障と同じく、適切な治療をしないと失明することがあります。
緑内障は、眼球内の圧力が高まることにより視神経が侵され、視力が低下したり、視野が狭くなったりする病気のことをいいます。
本人が視野の欠損に気付いた時には手遅れ、というほど、非常にゆっくりと進行していくのです。
侵害を受けた視神経は再生することなく、失われた視野や視力も回復することはありません。
早期発見・早期治療、緑内障がこういわれるのには、こういった理由があったのです。
最近では、40歳以上の人の30人に1人が緑内障と診断されています。
20年後には、更に高齢化が進んでいると予測されるので、その数は200万人を超えるともいわれています。現在、約20%の人が、実際に診断と治療を受けているといわれいます。
しかし残りの80%の人は治療をうけていないのが現実です。
生活していく上でとても大切な目、悪化してから眼科に行っても既に遅い、そう考え、定期的な検査を受けることをおすすめします。

 <  前の記事 コンタクトレンズと注意点  |  トップページ  |  次の記事 急性緑内障と慢性緑内障  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。