Top >  目の症状 >  コンタクトレンズと注意点

スポンサードリンク

コンタクトレンズと注意点

コンタクトレンズは、度数や角膜のカーブだけではなく、眼疾患の有無や健康状態、涙の量やレンズの動き、使用目的や使用環境などを総合して判断し処方されるものです。
購入の際は、必ず事前に眼科受診が必要とされています。現在、コンタクトレンズの使用者は、1300万人以上いると言われています。
特に若い年代では、ファッション感覚で装着している人が多くいます。
また最近は、カラーコンタクトといわれる、度のはいっていないコンタクトが気軽に手に入る環境でもあります。
手軽に手に入るため、誤った方法で使用している人も多くいます。
長時間コンタクトを装用していると、酸素不足から角膜内細胞の数が減少してくることがあります。
目の角膜(黒目)は呼吸しているのです。
この細胞は通常、老化とともに減少してしまいます。
しかし、コンタクトレンズ装着者は、負担がかかるため減少が促進される場合があります。
一度減ってしまうと元には戻らないので、注意する必要がありますよ。

 <  前の記事 コンタクトレンズと寿命  |  トップページ  |  次の記事 緑内障  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気になる症状−家庭医学事典−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。